レストラン、カフェ、居酒屋など外食の時に授乳服がオススメな理由!

外食のイラスト

赤ちゃんが0ヶ月の頃は外になかなか出れないので外食するような機会は無いかもしれませんが2ヶ月前後になった頃には少し外出が出来るようになるので外食をする機会もあるかもしれません。

そんな外食の時に授乳服がオススメな理由をお伝えしたいと思います。

外食のイラスト

胸が張るので普通の洋服での授乳は大変

産後は体型が妊娠前のようにすぐに戻るわけではありません。

特に母乳で育てる場合には授乳中は胸が大きくなるので、妊娠前の下着を着用できなくなることが多いのでしょうね、無理にきつい下着や服を着てしまう、窮屈になってしまいます。

胸が張ることを想定している授乳服を着用することで胸が苦しく締め付けられないので楽に過ごすことができます。

締め付けてしまうと胸が張ってしまうと痛くなってしまったり、母乳が漏れてしまうなどという原因にもなってしまいます。窮屈な服を着ていると大きくなった胸は蒸れてかゆくなってしまうなどという事になることがあります。

妊娠や出産によってホルモンバランスが崩れやすくなる、生活に変化が起きたりストレスがたまる、寝不足など色々な要因も重なり肌トラブルも起こりやすくなります。

特に暑い季節などには締め付けによって痒みが出やすくなったりカブレてしまうなどという事もあるので、負担をかけないようにすることが大切です。

肌トラブルや締め付けだけでなく、授乳服は授乳中のお母さんにはとても助かるアイテムです。

授乳服で外食をするメリット

授乳服がオススメな理由としては、レストランやカフェや居酒屋などの授乳室がない場所でも背中を向けるだけで簡単に授乳をすることができるようになります。

授乳口

授乳室がある場所なら、周りを気にせずに授乳をすることができますが授乳室がない場所もまだまだたくさんあります。

赤ちゃんは、おなかがすいてしまえば場所に関係なく泣いてしまいます。授乳できる場所を探さなくて済むという事で外食にストレスを感じ機会が減りますし、安心して出かけることができます。

普通の洋服では大変

上下が分かれていない服での授乳は、大きく前を開けたり脱いだりという必要がありますし、上下が分かれている服でもまくし上げなくては授乳をすることができません。

周りの目が気になり、思うように授乳をすることができないのです。その点授乳服なら大きく前を開けたり、まくしあげる必要がないのでオススメです。

赤ちゃんが泣いたときにすぐに授乳をすることができるのです。

周りに気を使わせないで済む

家族以外の人がいる場所は特に、ほかの人にも気を使わせることなく授乳できるという事でオススメです。

上のお子さんがいる場合なども別室にお母さんが行ってしまうと泣いてしまう子もいます。

その場で授乳ができれば上のお子さんの目の届く場所にお母さんがいることができるので、安心します。

楽しく盛り上がっている場所から移動することもなく、話を聞くこともできるので疎外感を感じることもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です