授乳服(マタニティ服)はなぜ必要なの?必要性について詳しく説明

授乳中のイラスト

授乳服(マタニティ服)はなぜ必要なのでしょうか?確かに無くても授乳することが出来ます、しかしあると便利なのが授乳服(マタニティ服)なのでは無いでしょうか?

授乳服とはその名の通り、赤ちゃんにお母さんが授乳させやすい機能を兼ね備えた洋服のことであり、一般的な洋服と比べると、特に外出時に便利さを実感できます。勿論、機能的なので日常の着用でも十分便利さを感じることでしょう。

授乳中のイラスト

どんなマタニティ服があるの

 最近はお洒落な見た目で普通の洋服と全く変わりなく見える様々なデザインの機能性抜群の授乳服(マタニティ服)が進化を遂げながらラインナップされてきています。

インターネットを使用した通販が出来るメーカーも沢山あります。

エンジェリーベ、ミルクティー、スウィートマミーなどです、当サイトでも各メーカのポイントを書いていますので宜しければそちらをご覧になられて下さい。

マタニティ服・授乳服 メーカ別ポイント

授乳口

ミルクより母乳が良い理由

赤ちゃんを出産してから母乳がではじめるまでには少しの時間を必要としています。個人差がありますが、大体の場合ですがおっぱいは出産後1日~3日ぐらいかけて生成され、初乳には沢山の栄養素が含まれております。

どうしても体質的に母乳を与えたくても与えることができないといったお母さんも多くみられますが、母乳が出るのであればいくら最近の市販のミルクの質が良くなったとはいえお母さんの栄養たっぷりの質のいい血液から出来ている母乳のほうが、免疫や抗体を取り入れることができるといった面では勝てません

よってできることならば、赤ちゃんには質のいい母乳を与えたいといったお母さんが現在でも多くみられます。

金銭的にもミルク代がかかりませんのでお財布に優しいと言えます。

ミルク

Freepikによるデザイン

いつぐらいまで授乳を行うのか

この授乳期間はどのくらいかというと、この考え方にも個人差があり、初乳から卒乳・断乳まで早い人で半年程度、遅い人で2~3歳までと幅があります。それぞれにメリットとデメリットがあり、一概にどちらがいいと断言することはむずかしいものです。

このように、授乳期間にも幅があり、授乳服(マタニティ服)の必要性もそれによって異なってきますが、母乳での授乳で大事な時期は特に生まれてから2か月から6ヶ月ぐらいです。

授乳をしているお母さん

早期に卒乳・断乳を考えているお母さんからすれば、その短期間の為に必要なものなのか、そちらにお金をかけるならば赤ちゃんにその分をまわしてあげたいと考えてしまうものです。

しかし、生まれて間もない赤ちゃんは2~3時間おきに母乳を欲しがります。その時にすぐ母乳をあげること、これは乳腺を詰まらせたり乳房が張ったりすることを避け、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても大切なことであり、欲しがったらいつでもどこでもあげれる状態こそが赤ちゃんの健康な成長の為になるともいえます。

ママのためでもあり赤ちゃんのためでもあるマタニティ服

自分の楽さのための授乳服(マタニティ服)ではなく赤ちゃんに母乳をあげつつける為のものとしてすぐにいつでもどこにいても母乳をあげることができるこれは、はずせないオススメの商品です。

特に外出先では、人が大勢いるショッピングセンターや移動中の乗り物の中などでは一般の洋服では、赤ちゃんの欲しがるときにすぐというわけにはいかないものです。

お母さんの為、赤ちゃんの為にも授乳服(マタニティ服)をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です