育児グッズのひとつである授乳服は本当に必要なの?

授乳服・マタニティ服の必要性

これから出産されるという方は、授乳服を買うかどうか悩む方もいると思います。
もちろん、ミルクでの育児をされる方には不必要なものですが、母乳での育児には授乳服は便利です。

外出時のメリット

例えば、車で出かけた先に授乳室がなく、赤ちゃんはお腹が空いて大泣きしている…普段着でも授乳はできますが、どうしても周りの目が気になってしまいます。
そんなとき、授乳服を着ていると周りの目を気にすることなく授乳することができます。
授乳服は授乳しやすいことに加えて、肌を露出する部分も少ないです。それに、自分目線では少し肌が見えていても、周りから見たらほぼ見えていません。

育児サークルの集まりなどでは、通いなれているママさんは話している最中に授乳服から授乳をさせている姿をたまに見かけます。

育児中は、どうしても疲れることが多く、赤ちゃんの食事である授乳まで気を遣うのはママとしても嫌になることだと思います。
それをふまえた上でも、やはり授乳服はあって損はしないものだといえます。

今時のマタニティ服はおしゃれ

それに現在は、おしゃれな授乳服が多いです。
意外と授乳室がないところの多い結婚式場にも着ていける、フォーマルな授乳服もたくさん売られています。

普段使いしても全く気にならないものもありますし、一着と言わず、三着以上持っていても損はないと思います。

就寝時にもメリット

授乳をしなければいけない時には就寝時もあります。普通のパジャマだと上にあげたり、ボタンを取らなくてはいけないです。授乳しながら寝てしまったりすると、とても体が冷えて寒気を感じて目を覚ますことも少なくありません。

そんな時、授乳用のパジャマなら授乳する部分のところだけが開けるようになっているので便利です。早く授乳しようと焦ってしまう時がありますが、授乳用のパジャマならさっと開けられます。眠くて寝てしまったとしても、開いている部分はわずかなのでそこまで冷えることはありません。

かわいい柄やシンプルな柄などデザインも豊富なので選ぶのも楽しいです。

いつでもすぐに授乳が出来る

母乳育ちの赤ちゃんがいると、ママはいつでも授乳できるようにしていないといけません。最近は、授乳室があるところも多く、随分授乳しやすくなりましたね。授乳室で授乳するとはいえ、Tシャツをめくって授乳するには抵抗があります。そんな時、授乳口がある授乳服なら簡単に母乳を飲ませることができます。

ワンピースにも授乳服があるので、これは便利です。上のお子さんの幼稚園で、カチッとした服で行かなくてはいけない時など、ワンピースを着ることもあると思います。そんな時、ワンピースに授乳口があれば、いいですよね。

また、授乳ケープも重宝しました。これは車の中など、授乳室がないところで授乳するには最高のアイテムです。赤ちゃんが1カ月を過ぎて外出する機会が増えると、結構使うことが多くなるので、かわいいものを一つ用意しておくと便利です。私はポンチョ型のものを愛用していました。

母乳は粉ミルクやお湯などを用意しなくていいので荷物はその分減ります。でも、どこで赤ちゃんがお腹がすくのかわからないので、どこでも授乳できるようなアイテムは必要となってきます。