スーパーやデパートなどでマタニティ服がオススメな理由

授乳をしているお母さん

お腹にお子さんが居ることが分かった時点から考える授乳服やマタニティ服は必要であるのかどうか、出産直後の方など購入を迷っている方も多いことかとおもいます。

実際に必要なのでしょうか?無くても生活には支障が無いように思えますし普通の洋服でも問題が内容にも感じますよね。

今回は授乳服の必要性に関してでもスーパーやデパートなどに関する情報をお伝えしたいと思います。

最近のマタニティ服はお洒落

授乳服とは赤ちゃんに母乳をあげやすく機能性を兼ね備えた洋服ですが、昔はひと目で授乳服と分かるものばかりでした。

しかし最近のものはお洒落なデザインのものが多く、パッと見は一般の洋服と全く区別がつきません。

スウェットワンピ

最近ではインターネットを使用した通販を使えばお洒落なママにピッタリな服があります。

着心地のいいラフなタイプのものから、綺麗目系のちょっとしたお出掛け着のものまで、トップス・ワンピースなど豊富なラインナップの中から選べ、価格としても購入しやすい設定のものが沢山あります。

授乳を行うメリット

機能性にも見た目にも良い授乳服が沢山出来ていますが実際にスーパーやデパートなどに買い物に行く際は、授乳が大変なので母乳ではなく携帯も出来てちょっとした外出の時などに便利なミルクに切り替えようといった方も多くみられます。

しかしミルクに比べて母乳のほうが内容的にも価格的にもメリットが大きいといったことは皆さんもご存じかと思います。しかもここ最近では粉ミルクの栄養価などの質も上がっており、これまでのように栄養価の面において心配することはほとんどなくなりました。

また授乳が大変な理由の一つとして一般的な洋服を来て授乳をしようとされている方も沢山見受けられます、この問題は授乳服にすることで解決するかもしれません。

ミルク飲む赤ちゃん

もし母乳がでるのであれば、粉ミルクなどにはとりいれることができない免疫や抗体が含まれている母乳のほうが、風邪などひきにくくウィルスにも強いこどもに赤ちゃんを育てるためにはいいのです。

粉ミルクなどの月あたりの金額を考えてみても授乳服のほうが安くつくことも多くオススメです。

スーパーやデパートでの授乳服が必要な理由

生後数か月までの赤ちゃんは個人差がありますが、だいたい2時間から3時間おきには母乳またはミルクを欲しがります。

赤ちゃんが欲しがる時にすぐに母乳をあげる習慣をつけておくと、乳腺の詰まりや乳房の張りなどを防ぐことができ、赤ちゃんにいつでも栄養・免疫・抗体の多く含まれた母乳をあげつつけることができます。

授乳をしているお母さん

赤ちゃんが母乳を欲しがる時にすぐ飲ませてあげたいと思っていても、スーパーやデパートなどでは人も多く一般の洋服であれば母乳をあげやすい服装を心掛けていたとしても、欲しがる時にすぐのませてあげるということはなかなか困難です。

あらゆる面から考慮されてつくられた機能性を備えた授乳服を着用しておけば、人が多く休憩する場所の少ないスーパーやデパートなどでも一目を気にせず、赤ちゃんにスムーズに母乳をあげることができます。

最近できたスーパーやデパートなどでは、赤ちゃんとお母さんのことを細部まで気遣って作られたカーテン付きの授乳室を完備しているところも増えてはきていますが、まだほんの一部といえ、日常生活の行動範囲を考えればこれはとても必要だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です