赤ちゃんもお母さんも大変じゃない授乳期の服の工夫

出産に向けて、または出産後に必要となる授乳服(マタニティ服)ですが必要となる期間も限定的ですし、生まれた頃には育児で毎日がバタバタしていて気がついたら使ってなかったなんて話もよく聞きます。

しかし本当はマタニティ服があることで大変だったのあの時期がもっと楽に過ごせたのんじゃないの?と思う人もまた多いと思います。

そんなマタニティ服があるメリットからオススメ情報までを紹介したいと思います。

pajama

マタニティ服って本当に必要なの?

赤ちゃんが産まれて、やっとお出掛けができる頃になると困るのが授乳服。

ある程度飲ませてから出掛けたのに、ワンワン泣いて起きて、授乳室を探して駆け回ったり、ただでさえ多い荷物に授乳ケープも持ち歩いたり、授乳期のお母さんは大変ですよね。

授乳が頻回な時は毎回のお母さんの脱ぎ着もとっても面倒、外出先なら尚更です。

それでも可愛い我が子を前にすると、何年も使うわけではない特別な授乳服を買うならこの子に何か一枚服でも買ってあげたいなと授乳服に手が伸びなかったのは私だけでしょうか?

私は結局その後も使えることを重視して服を買い、授乳ケープも買わずにそのまま無事授乳期が終了、そんなお母さんも多いのではないでしょうか?

しかし、赤ちゃんを産む前は「母乳が出るかどうか」で頭がいっぱいなもの。授乳服を買うのもさらに抵抗があると思うので、母乳で育てるにしても、ミルクで育てるにしても、さらには卒乳した後も普通にそのまま着られるコーデを紹介します。

ブカブカトップス×ピッタリボトムス

エアリズムブラタンクトップ

まず毎日使うほどオススメ出来るのがのがブラトップなんですが、伸縮性が高いものを選べば下からめくらなくても上からめくればお腹が見えてしまう事もなく一石二鳥。それを使い、「ブカブカトップス×ピッタリボトムス」コーデを作ります。

夏はキャミソールかノースリーブにフワッとしたチュニックや大きめのTシャツにスキニージーンズを合わせれば楽チンかわいいコーデになります。

スニーカーに合わせたコーデ

デニム

とてもじゃないけどヒールなんて履いていられないこの時期にスニーカーと合うコーデはありがたいです、ボーイフレンドジーンズをロールアップしてもスニーカーとの相性も良くてさらに楽チンコーデになりますね。

冬は長袖のヒートテックに大きめの厚手のセーターやスウェットを着て細身のジーンズ、たまには寒くてもデニムのミニスカートなんか履くと楽しいかもしれません。

産後はどうしてもお尻周りを隠したくなるもの、ブカブカトップスは産後はずっと重宝するので何枚かあっても大丈夫だと思います。

そういった「ブカブカトップス×ピッタリボトムス」コーデをしながら、そのブカブカトップスに赤ちゃんごとスポッと入れて授乳してしまえば周りからも見えません!まるでカンガルーのように一体化しますが、赤ちゃんとお母さんだけの密着時間、時々上から顔を覗くと笑ったりしてかわいいですよ。

ケープ代わりにもなる機能的なスカーフ

マキシワンピース

もちろん、そんなブカブカしたものばかり用意できませんし、前開きのシャツの日だってありますが、そんな時は大判のコットンスカーフを持ち歩いてました。肩からフワッとかけて目隠しにすれば、授乳ケープと機能は全く変わりません。

暑い日なら首元の日除けにもなるし、赤ちゃんが寝てしまったらそのまま薄手の毛布代わりになって便利です。

冬は抱っこ紐に付ける毛布を授乳ケープ代わりにしていました。厚手なので、出先で抱っこから降ろしても寝ていた時はちょっとしたお布団になるし、毛布にもなるのでかなり重宝しました。

とっても大事だけど、何年もない授乳期、身近なものを使って、赤ちゃんもお母さんも楽チンにおしゃれを楽しめるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です