妊娠中の洋服選び、マタニティ服ってみんなどうしてる?いつから着てる?

妊婦さん

マタニティ服といえば妊娠中に大きくなったお腹のサイズに対応した妊婦さん用のお洋服のことをさしますが、最近ではいかにも妊婦さんといったデザインのお洋服を選ぶ方は減っているようで可愛い洋服が沢山あります。

西松屋のような乳幼児向け店舗でも売っていますがやはり可愛い服を選びたい方は通販での購入をされている方も多数おられます。

スウェットワンピ

マタニティ服・授乳服の変化

ひと昔前までは、ワンピースタイプで胸下からゆったりと広がるデザインのものが主流でしたが、現在ではあまり見かけなくなりました。

2000年頃からは妊婦さんに限らずチュニックというおしりが隠れるくらいのトップスが登場し、着用する方も増えましたが、これに合わせられるようなマタニティデニムやチノパンなどが登場しました。

マタニティデニム

これまでのマタニティウェアといえば、ワンピースがメインでしたが、レッグ部分は普通のお洋服と変わらず、お腹の部分だけが赤ちゃんの成長とともに大きくなるお腹に対応できるような太いリブなどでできたパンツは画期的で動きやすく実用的なものでした。

まだお腹が目立たない時期でも、お腹を締め付けるようなデニムは妊婦さんにはなかなか選ぶことができないアイテムでしたが、ゆったりと着られるマタニティタイプの登場で妊娠中のおしゃれの幅が広がったと感じた方も少なくなかったのではないでしょうか。

現在では妊娠中から産後まで、あらゆるグッズがおしゃれで品揃えも非常に幅広いものとなっています。

以前は大きくなったお腹周りやお腹の丸みを目立たなくするようなお洋服が選ばれていましたが、いまではむしろ強調するようにフィットするお洋服を選ぶ方も増えています。

普通の洋服での対応

改めてマタニティ服・授乳服を購入せずに手持ちのお洋服で伸縮性のあるものを着ているという方も少なくないようです。

これには妊娠中の短い期間だけのために専用のウェアを購入しなくて良いように、という気持ちがあるためでしょう。

しかし授乳服に関して知識のある管理者からすると余りオススメの方法ではないと思っております、授乳期のストレスは大変なものでそのストレスを軽減するためには授乳服が欠かせないものです。

授乳服メーカーでもお手頃価格を取り扱っているエンジェリーベやミルクティーなどでは2000円以下のマタニティ服・授乳服が販売されていますのでママのため、赤ちゃんのためにも1着でも購入されるのをオススメします。

http://maternity-clothes.jp/qa/

ファストファッションでのマタニティ服対応

ファストファッションの登場により、お洋服自体の価格がお手頃になったいまは費用をかけずにおしゃれを楽しむ女性が増えています。

妊婦さんにおいてもこの考えは同様で、妊娠前から着ていた手持ちのお洋服を利用したり、新しく購入するならば産後も着られるお洋服を選びたいという無駄のない発想です。

この頃のファッションではゆるめのシルエットも流行していますので、妊婦さんにもおしゃれを楽しみやすい環境でしょう。

http://maternity-clothes.jp/recommend/gu/

またウエストがゴムになっているボトムスも妊婦さんには着やすくおすすめです。

お腹が大きくなってサイズが合わなくなった際は、ホックに装着して使用するアジャスターなども販売されていますので必要に応じて利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です